よくあるご質問

検品作業の基準について

検品作業

検品には2パターンがあります

通常の入庫作業の範囲で行われる目視検品

あくまでも郵送中の外見的な破損を確認する程度の目視で行う補助的な検品となります。
※通常の入庫作業手数料(30円/個)に含まれます。

チェック方法はあくまでも通常の入庫作業の範囲で行い、
商品を広げたり、開梱したり、動作確認を行うことはありません。

例えば、アパレル商品の場合は入庫時に商品を広げての商品確認は行っておりません。
輸送中にぐちゃぐちゃになってしまったと思われる物については、可能な限りたたみ直して梱包しております。

特別指示によって依頼される検品作業

特別指示書にを頂いて指示通りの検品作業を行います。
※商品価値を損なうような検品はいたしません。
※専門知識を要する特殊な検品はいたしかねます。

作業の工程、内容によって料金は異なります。
関連リンク:特別指示を依頼するには?

ケース単位で保管する場合は?

まとまって商品が入った箱やセット物の商品を
「1点(1SKU)」としてそのままお預かりすることは可能です。

弊社の無料での検品基準は、外観の目視検品となりますため、
セット内の商品一点ずつの検品について、ご確認はいたしかねます。

商品一点一点の化粧箱の破損について確認が必要な場合は、
内容物の商品数で入荷のご依頼をお願いいたします。
入庫後、まとまった数量での出荷は可能です。

関連リンク:商品をセット組みしたい

商品の値札やタグを取って欲しい場合は?

値札や価格の記載があるものは通常の入庫作業で取り除くことはいたしません。

入庫依頼時に「倉庫連絡欄」にて指示ください。外見上判断できる範囲で作業いたします。
簡易的に値札が剥がせる商品については、無料にて承っております。
商品を毀損する可能性や、作業が不可能と判断した場合には作業は行いませんのでご了承ください。

なお、商品価値の毀損などにつながる場合など、
細かな指示がある場合には特別指示書にてご依頼ください。(有料)
また、万が一に作業により商品を毀損した場合も責任は負いかねます。

中古品の状態が知りたい場合は?

荷主様の指示に従っての状態確認は承りますが、商品鑑定(品質や動作、真贋など)の保証はいたしかねます。
スタッフの主観で商品状態の最終的な判断は致し兼ねます。
説明が容易でない場合やスタッフの判断が難しい場合など、必要に応じて写真撮影も行います。

関連リンク:特別指示を依頼するには?

OPP袋に入れ替える基準は?

  • 化粧箱・袋に入っていない商品
  • 荷受け時に商品が入っていた袋(メーカー特有のものでない)が汚れている場合
  • 容易に開封されてしまって保管が困難な場合

また、弊社倉庫へ到着する商品について、入庫作業時にOPP袋への詰め替えをご希望の場合は、該当の入庫依頼の「倉庫連絡欄」にてご依頼ください。

コメントを残す

*